シロアリ駆除の種類

シロアリにイエシロアリやヤマトシロアリといくつかの種類があるように、シロアリ駆除にも色々な種類があります。
一般的に知られている駆除としては、「土壌処理」、「木部処理」、「ベイト工法」の3つがあります。
土壌処理や木部処理とは、その名称からも分かるように土や木に行なう駆除のことです。
土や木にシロアリ駆除に有効的な薬剤を散布し、それによってシロアリから建物をしっかりと守ります。
それに対しベイト工法とは、シロアリの習性を利用して巣から根こそぎ駆除してしまう方法です。その為、表面的な駆除を行なうのではなく根本的に駆除を行なえます。
シロアリ駆除の方法にはこのようにいくつかの種類があり、それぞれ特徴を持っています。
被害をもたらしているシロアリや被害状況に合わせて適切な駆除が行なえるのはもちろんですが、そこで過ごす人の生活や環境に合わせても適切な駆除が行なえます。
シロアリの駆除に遭ってしまった時はもちろん、シロアリの被害を事前に防止する目的としても、これらのシロアリ駆除は非常に重要です。