木材をシロアリから守る木部処理

木材に行なう最適な駆除、「木部処理」

代表的なシロアリ駆除の一つが、「木部処理」です。木部処理の特徴は文字通り木部に有効的な駆除であり、被害に遭ってしまった木材はもちろん被害を予め防止する目的としても行われる駆除方法です。木部処理はどのような方法によって駆除するのかと言いますと、これは建物の木材に薬剤を専用機器によって吹き付けたり、または手作業によって塗りつけたりします。このような薬剤の散布や塗布によって、木材をシロアリの被害からブロックでき被害を抑えられるのです。

被害が発生しやすい床下に効果的

木部処理を行なうのは、主に床下にある木材になります。
床下の木材は、シロアリによる被害が多く発生する場所です。特にヤマトシロアリはこの床下の木材に被害をもたらすことが多く、木部処理はそのような被害にも最適です。
薬剤は地上からおよそ1メートル程までの高さまでの木材に塗布や散布が行われ、床下の中でも特に湿気が多く発生する個所には重点的に処理を行います。
例えば、お風呂やキッチンの下、洗面所やトイレの下に位置する木材がこれにあたります。これらの湿気が多い床下はシロアリにとって「絶好の場所」であり被害が多く起きる場所です。
そのような場所のシロアリ駆除には木部処理がまさに最適であり、しっかりとシロアリ駆除を行えます。
また、事前にシロアリの被害を防ぐ方法としても木部処理は行われており、これから建物を建てる場合にもこちらの処理を予め行っておきます。

敷地内の木や木材の内側にも効果的

木部処理は、床下だけに行なう駆除方法ではありません。
建物の床下はもちろんですが、その他にも敷地内にある木に対してこの処理を行なうケースがあります。これは木材を最も好むシロアリが建物だけでなく敷地内の木にも潜んでいる場合があるからです。
また、木部処理は床下の木材や前述した木の表面的な部分だけに処理を行なうのではなく、木材の内部まで薬剤を注入する方法があります。
これは穿孔と呼ばれる方法で、木や柱などに穴を開けそこから内部に薬剤を注入します。シロアリは乾いた空気や日光に非常に弱い生き物である為、地中や木材の中に潜んでいます。
穿孔はこのように木部の中に潜むシロアリも根こそぎ薬剤によって駆除を行なう時に最適な方法です。

短時間で終了する場合もあるシロアリ駆除

木部処理は被害にあっている木材に対し、集中的に駆除を行なうことができます。
また、ヤマトシロアリのように行動範囲が狭いシロアリにも最適な駆除方法であり、被害状況によっては短時間で駆除を終了させられるケースも珍しくありません。
シロアリ駆除と聞くと、中には半日以上や何日もかけて行なうイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。
しかし、中には被害状況によっては木部処理によってほんの「数時間」で駆除が終了する場合もあります。